必要なこと

お葬式

お葬式準備でまず決めること

大切な方が亡くなられると、遺族は悲しむ暇もないのが現実です。すぐにお通夜・お葬式の準備に追われることになります。お葬式の準備は一生にそう何度もあることではありませんので、はじめてという方が多いでしょう。 まず決めなければならないのが、お葬式の規模です。亡くなられたことやお通夜・お葬式の日時をどこまで知らせるかによって参列される方の数も異なります。古くは、家族・親戚・友人・知人・会社関係・ご近所の方など幅広くお知らせし、多くの方が集まるのが一般的でした。一方で、近年は家族・親しい友人で執り行う密葬や家族のみで行う家族葬など、小規模でのお葬式を望む声が強くなっています。もっとも小規模となると、火葬のみの直葬という方法もあります。

お葬式の費用について

お葬式の規模が決定すると費用が見えてきます。会場費はお葬式の中でも大きいので、狭い会場でよければその分費用が安くなります。また、参列者が少ないと、香典返しや料理にかかる費用も減ります。 近年ではお葬式にあまりお金をかけたくないという方が増えており、費用面はますます重視される傾向にあります。そのため、葬儀社からは格安でお葬式を行えるプランが多数登場しています。家族葬や密葬といった小規模のプランであれば、十数万円でも葬儀が可能な時代となりました。 また、葬儀社独自のプランとして、パック料金を設定するところもあります。こうしたパック料金・固定額制のプランを利用する際は、かならずプランに含まれる項目をあらかじめ確認しておきましょう。葬儀後に高額費用を請求されたというトラブルが増えているため注意が必要です。