事前の準備

十字架を持つ女性

事前のリサーチが重要

お葬式を出すということは人生でそう何度もあることではありません。そのため、大切な方をなくした後、いざとなったときにあわてる方がほとんどです。亡くなられる前にお葬式の準備を行うことを不謹慎ととらえる方もいますが、事前に準備をしておくことで満足のいく形で見送ることができます。 もっとも大切なのは、どの葬儀社に依頼するのかを決定しておくことです。地域によって差はありますが、たいていは複数の葬儀社から選ぶことになります。会場の広さや立地の問題、また費用面などを総合し、葬儀社を決定するのが一般的です。このような面から、地元の葬儀社を調べて、依頼先を決定しておくといざという時にスムーズに対応することができます。 また、スタッフの対応も重要です。お葬式当日、遺族は慌ただしいため参列者の対応は主にスタッフが行います。スタッフの対応によっては、参列者への失礼にあたることもあるからです。

事前相談サービスが便利

葬儀社について、事前にリサーチする方法で最も効率がよいのは、葬儀社に直に問い合わせるという方法です。近年では事前相談という形で、生前から相談を受け付ける葬儀社が増加しています。スタッフの応対から接客サービスについても伺えますし、具体的なプランや費用の相談もできるので大変便利です。また、事前相談の段階で、名前や連絡先を伝えておくと、亡くなられた際によりスムーズに対応してもらえることがあります。 こうした事前相談サービスがない葬儀社であっても、問い合わせには応じてくれる場合がほとんどです。もし、邪険に扱われた場合は、候補から外してよいでしょう。また、スタッフの対応という面では、近所の方や親戚の評判などを参考にしてみるのも一つの方法です。実際に利用した方の声は非常に参考になります。