低価格プラン | 遺品整理やお葬式で故人の思いを残す|部屋も気持ちも整理しよう

低価格プラン

数珠

お葬式にかかる費用について

どのような葬儀社があるか知っておくだけで、準備が格段にスムーズになります。 お葬式準備では、まずはじめに規模を決めます。家族・親戚・友人・知人・会社関係など参列する人の範囲によって、規模が決定します。参列者の数が大方定まると、費用が見えてきます。 会場は広いほど高額ですし、参列者が多いと香典返しや通夜振舞の料理にかかる費用も異なります。そのほか棺・祭壇・遺影・供花などの項目ごとに費用が決定するのが一般的です。それらを合算した費用がお葬式にかかる費用となりますが、近年では全ての費用をあらかじめ合算したパック料金設定のところも増えています。

低価格プランが多数登場

お葬式の費用は非常に高額です。地域差もありますが、数百万円単位のお葬式を出す方は少なくありません。一方で、先述したようなパック料金を設定するなど分かりやすい金額設定を推し出す葬儀社も増えています。項目によって変動する料金を固定額として提示してもらえるため、かかる費用が明確です。ただし、追加費用として、見積もりと異なる額を提示されたというトラブルもあります。パックに含まれる項目については必ず確認しましょう。 また、従来は広く会葬者を集めるような葬儀が一般的でしたが、近年では家族葬や密葬といった親しい方に限ったお葬式が人気です。こうした小規模のお葬式もパック料金として提示する葬儀社が増えていて、同じく低価格であることが魅力となっています。