小規模が主流

カーネーション

小規模でのお葬式が増加

時代の変化とともに、近年では限られた人だけで見送りたいという方が増えています。 近年増えているのが、家族のみで見送る家族葬や家族・近い親戚・親友などごく少数で行う密葬といった小規模なお葬式です。密葬とは本来、本葬を伴うものでしたが、近年は密葬のみという形が増えています。また、特に経済的な面を考慮し、費用が抑えられることを理由に家族葬・密葬といったスタイルを選ぶ方が増えているのが現状です。また、火葬場で読経と火葬のみという直葬を選ぶ方もいます。

葬儀社による分かりやすいプランが人気

一般葬と呼ばれる大勢の参列者によるお葬式に比べ、家族葬などの小さいお葬式が人気を集める中、葬儀社も様々なお葬式プランを設定しています。従来、お葬式の費用とは、それぞれの項目にかかる費用を合算したものでした。会場費・棺・祭壇・遺影・香典返し・供花など、それぞれの項目ごとにランクがあり、準備の段階で遺族がどの品にするのか選定する形がとられていました。 一方で、個別に品物を選ぶのではなく、すべてをパック料金として設定したプランが分かりやすいと評判です。葬儀社によって異なりますが、家族葬や密葬といったスタイルの場合、十数万円から葬儀が可能な時代です。最低限必要なものが含まれているため、はじめてお葬式を出すという方も、葬儀社にまかせる形で安心して見送ることができるというわけです。